安全運輸マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針

1. 社長は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内に於いて輸送の安全確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。

2. 運輸の安全に関する計画の作成、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策の見直しを、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。

3. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

輸送の安全に関する目標

平成29年4月1日〜平成30年3月31日  1年間

交通事故・交通違反 前年対比 30%削減
重点目標 静止物に対する事故 前年対比 50%削減

安全重点施策

年間重点施策
①デジタルタコメーターの活用をします。
  1.分析を行い交通事故防止と過労運転防止します。
②事故防止委員会・安全衛生委員会の効率性と有効性を高めます。
③ドライブレコーダーの有効活用をします。
  1. 教育会・事故防止委員会での活用。
  2. 個別指導での活用
④試採用乗組員集合教育を1カ月1回実施します。

盈進自動車株式会社
代表取締役 山田能成

ページの上へ